思い出のダイヤをペンダントに

今回は、お客様様のご協力をいただき

CADと初めての3Dプリンターで作成しK10YGで鋳造し

お客様の思い出のダイヤモンドでペンダントを作成しました。

10年ぐらい前からCADソフト&3Dプリンターで作成したいと思っていましたが

まだまだその頃はソフトの自由度が少なく高額でプリンターの精度も一般で売られているプリンターは低く、

また直接鋳造出来るレジンも鋳造屋さんの技術が確率度が低そうだったのでずーと我慢しながらお金を貯めて待ってました。(u_u)

そんな中あるソフトとプリンタに詳しい人との出会いをきっかけにあたためていた夢が動き始めました。(⌒▽⌒)

8ピースのダイヤモンド星座のように使って周りの枠をペンダントがご希望でした

はじめは木の板にテクスチャーを入れてと思っていましたがパソコンのモニターではよいのですが(^^;

3Dプリントしてみたところ

確かに木目がいい感じ表現されてましたが

あまりにも細かくわかりにくい(モニターではいい感じなのですが)

そこで、色々考えいたら以前考えていた流木を枠に使うアイディアを思い出して

こちらのデザインに変更しました

こんな感じでプリントされます。

初めてCADと3Dプリンタで作成したペンダントは

とてもアート的なペンダントのなり期間はかかってしまいましたが

お客様に大変喜んで頂きました(#^.^#)

広報担当の琥珀君も癒しでサポートしてくれました。